レーザー治療

今、歯科医療の世界では、レーザーエネルギーを利用した新しい治療法が注目されています。たとえばレーザーによる歯周病の治療は、炎症を起こしている歯茎の溝の中をレーザーで焼き、蒸発させます。この際に歯茎の出血を伴うことはほとんどありません。歯と歯茎の間にレーザーを照射する事で、歯周病菌を除去し、弱体化している歯茎の血行をスムーズにし、健康な引き締まった歯茎を再生します。歯肉の切開や麻酔の必要もなく、安心して歯周病治療を受けることが可能です。​

Nd:YAGレーザー(ネオジューム・ヤグレーザー)をパルス波として患部に照射するこの方法は、局所麻酔や注射なしに様々な治療が可能です。皆さんは、歯の治療に対して痛いもの、不快なものという先入観があろうかと思います。その不安を最小限にする為に、当医院では最先端の治療法、レーザー治療を行っています。これにより無痛に近い状態で診察する事が可能です。歯の治療をお考えの方は、ぜひ当医院でお尋ねになってみて下さい。副作用もなく妊娠中の方、高血圧症、心臓病の方、又はペースメーカー使用の方、その他の病気の方でも安心して治療が受けられます。​

CO2ガスレーダー(炭酸ガスレーザー)
炭酸ガスレーザーのレーザー光は、水分によく吸収される為、水分の多い軟組織に照射すると直ちに組織に吸収され深達性は殆どなく、
表層より順に患部を治療することが可能です。
しかも、通常は非接触、そして無圧的、無菌的に手術が行われるため筋肉層も収縮することなく術後の疼痛、腫脹もないことから軟組織に関する治療には最も適したものといわれています。
また、抜歯後の止血、さらに軟組織においては齲蝕(ムシ歯)予防、初期齲蝕の進行停止、象牙質知覚過敏の処置等の臨床例もあり各方面で幅広く利用されています。​

スタッフから一言

 炭酸ガスレーザーを使ってみました。歯ブラシを当てると痛みがあった歯肉にレーザーをかけると…
次の日には歯肉が一皮むけて、ツルツルとした歯肉になり痛みがなくなりました。
レーザー自体も痛みなく麻酔も必要ではないので、気軽にできると思います。